足の臭いの原因は食生活が関係しているって本当?!

足に臭い食事

暑くなってくると、気になるのが足のニオイ…。
お風呂でしっかり洗っているのに、ツンとくるニオイ。
実は、足のニオイは、食生活とも関係しているって知っていましたか?
足のニオイ対策に食生活の見直しも試してみましょう!

 

足のニオイの原因

足のニオイの原因は“菌”の繁殖によるもの足の裏は1日でコップ1杯も汗をかくといいます。

 

菌が繁殖しやすいのは

  • ムレ

という環境。

 

汗をかいてもなかなか、靴を脱いで靴下を脱いで洗ってということまでする人は少ないですよね。
その為、足の裏に汗をかいた状態で靴の中は、高温多湿になり菌が繁殖しニオイが発生してしまうのです。

 

食生活と足のニオイの関係

足に臭い食事

食生活と足のニオイって一見関係なさそうですが、実はあるんです!食材によっては汗をかきやすくなることがあります。
汗をかきやすくなる=菌が繁殖しやすい環境をつくってしまう可能性大!

 

これを食べるとくさくなる!

【動物性タンパク質】
・お肉
・乳製品
【ニオイが強い食べ物】
・ニンニク
・ニラ
【その他】
・お酒
・タバコ

 

などが足のニオイの原因になるといいます。動物性タンパク質を摂りすぎると、皮脂の分泌が盛んになり、足のニオイが発生しやすくなります。
また、ニンニクやニラなどはお肉と一緒になることでよりニオイを強くします。

 

男性が好みそうな洋食メニュー、ステーキやハンバーグなど脂っぽい洋食は、汗をかきやすくなるメニューでもあり、当然、足の裏の汗の量も増えやすくなるということ。

 

カレーや辛い料理も汗をかきやすくなるので注意が必要です。また、タバコも発汗作用があり体臭の原因になります。

 

お酒については適量であれば、体臭を予防する作用もあります。しかし多量にとってしまうと、発汗の増加、代謝後はニオイが強くなるという性質がありのみすぎには注意です。

 

足のニオイに影響しにくい料理とは?

足に臭い食事

それは“油が少ない料理”です!洋食よりも和食、肉より魚を多く食べると良いでしょう。

 

【抗酸化作用のある食品】野菜・海藻・青魚など

ニオイの元を抑えてくれる効果があります。

 

【アルカリ食品】梅干し・海藻類・緑黄色野菜・大豆など

体内が酸性に傾きやすくなると、体臭が発生しやすい状態になります。それを防ぐためにも、アルカリ性に保つことで体臭予防になります。

 

【整腸作用のある食品】大豆、キクラゲ、干しシイタケ、切り干し大根、ゴボウなど

便秘など、腸内環境が悪い状態は、ニオイを発生する原因になります。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることも体臭予防になるのです。

 

まとめ

足のニオイは、汗で蒸れてしまうことが原因で、食事とも関係がある。

 

元気が出そうな味の濃い洋食メニューは、汗をかきやすいので、食べるときは足のケア(汗を拭きとる、消臭スプレーなど)をした方が良いかもしれません。

 

ニオイを防ぐ効果のある食材からみても、和食の方が、ニオイ予防には良いことがわかりました。一見関係のなさそうな、体臭と食事ですが原因をたどっていくと、密接な関係にあることがわかります。

 

体臭予防にも、健康維持の為にも、食事の内容を見直して見ましょう!

 

 

参考記事

 

女性足臭い

 

TOP⇒女性 足臭い 対策