足が臭くなる悪い習慣を見直そう!

暖かくなってくると、靴やサンダルをぬぐ時ヤバイ!と思うことがないですか?
足がクサイと急に自信がなくなってしまいます…。
足のニオイの原因は、日ごろの習慣が原因になっている場合もあります。
足が臭くなる悪い習慣を見直してみましょう!

 

同じ靴を毎日履いている人は要注意ですよ

お気に入りの靴であったり、仕事用だから1足しか持っていないなど様々な理由で同じ靴を毎日履いている人は多いと思います。

 

しかし、当然のことながら、同じ靴を毎日履いていれば、足の裏からでた汗などの水分が乾ききらないまま、翌日も履くことになり、ニオイ菌の繁殖スピードも早まってしまいます。

 

解決策
  • 靴は2足以上を用意し、同じ靴は続けてはかない
  • 履いた靴は、乾燥させる
  • 消臭スプレーを使う
  • 消臭効果のあるインソールを利用

 

足のお手入れ不足(垢、角質)

足の裏の角質は、ニオイ菌のエサに!
足の裏に白い粉をふいていたり、かかとがカチカチに硬くなっていたらそれは古い角質です。
古い角質も、ニオイ菌のエサになり、その状態で靴を履いて蒸れることでさらに菌は増殖していきます。

 

また、爪にたまっている垢も注意!足は洗っていても見落としがちなのが爪。爪の中に溜まった垢もニオイ菌の好物です。

 

解決策
  • 殺菌力のある石鹸をつかう
  • ピーリング効果のあるローションやジェルを使う
  • 爪を切る(爪ブラシを使うと洗いやすい)
  • 重曹で足湯、スプレーをつくる

 

食べ過ぎ、飲みすぎ

お肉や乳製品など動物性タンパク質の摂取量が多いと、皮脂の分泌量が盛んになり、足の臭いが強くなります。

 

例えば、ステーキやハンバーグなど洋食に多い食事です。そのほかにも、ニンニクやニラなど元気がでるイメージのある食材は、ニオイの原因になりやすい。

 

また、お酒(アルコール)自体がニオイ物質であり、汗を増やす効果やニオイが強くなるという性質をもっていてタバコとともに“二大悪臭源”と呼ばれています。

 

解決策
  • 動物性タンパク質の少ない食事(緑黄色野菜メインの食事)
  • 洋食より和食
  • アルコールは控えめに
  • 禁煙する

 

ストレスを溜める

ストレスは、足のニオイの原因になります!
極度の緊張や、ストレスを感じると、ニオイ菌が繁殖しやすいベタベタした汗をかきやすくなります。

 

職場から帰ると足のニオイが強く感じるという人は、仕事中の緊張やストレスが原因かもしれません。

 

解決策
  • 気にしすぎない
  • 汗をかいたら靴下を履き替える
  • 消臭スプレーを使う

 

通気性の悪い靴下を履いている

足のニオイ対策としては、靴下の選び方も重要です。
靴下は、足の裏の汗を吸収し、一番ニオイがうつりやすいアイテムで、通気性の悪い靴下を履いていれば、足は蒸れやすく菌が繁殖しやすくなります。

 

解決策
  • 消臭効果のある靴下を履く
  • 靴下に消臭スプレーをする

 

靴下を履かない

 

靴下がクサイならもう履かなきゃいいのでは?
ところが、靴下を履かずに靴を履いてしまうと、汗を吸収してくれるものがなくなり、靴の中で、より蒸れやすく、より菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

 

暑くなってくると、裸足でサンダルを履くことが多くなります。サンダルなら革靴などよりは、通気性が良いから大丈夫と思いきや、脱いだらクサイ時がありませんか?

 

足の裏や足の甲はサンダルと密着している分、汗を吸い取りやすく、また、布が少ない分、ニオイを発散させやすいのです。

 

解決策
  • サンダル用靴下をはく
  • 同じサンダルばかりはかない(たまに洗う)
  • 汗をこまめに拭く

 

まとめ

足が臭くなる悪い習慣5つ当てはまるものはありましたか?

 

足の裏は、汗をかきやすいけれど、目に見えないのでケアも怠りがちですが、発生してしまったニオイは急に対処できない場面が多いですよね。 

 

普段から、習慣を見直して予防対策しておくことで、いざというときに肩身の狭い思いや、恥ずかしい思いをせずに、堂々と靴やサンダルを脱ぐことができますね!

 

参考記事

 

女性足臭い

 

TOP⇒女性 足臭い 対策